top of page
  • 執筆者の写真Effortless Wedding

結婚式の予算をおさえる方法★フラワーアイテム編

この度はEffortless Wedding(エフォートレスウェディング)の

ウェブサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。


また、結婚式をご検討中の新郎新婦様、親御様には心よりお祝い申し上げます。

私はウェディングコンシェルジュの飯嶋亜矢(いいじまあや)と申します。


「Effortless Wedding(エフォートレスウェディング)式場紹介所浜松志都呂ウェディングデスク」では、お得な結婚式を挙げたい、パパママ婚、家族婚、少人数の結婚式

フォトウェディング、挙式のみの結婚式、神社での挙式など様々な結婚式をご提案いたします。


予算で結婚式を諦めかけていた方、授かり婚でタイミングの逃してしまった方

などのためにも精一杯応援させていただきます。


本日は、タイトルの通り結婚式には欠かせない装花のお話をさせていただきます。


結婚式の装花は会場の雰囲気を決める重要なアイテムです。

結婚式の2カ月前になると、フラワーコーディネーターさんとお二人で

挙式会場、披露宴会場、ガーデン、ウェルカムスペース、ブーケなど

結婚式場とお二人の結婚式を飾る、装花のお打ち合わせを行います。

結婚式の装花は新婦様の衣裳のお色味や、デザインを軸に決めていきます。

お二人の衣裳を見ながらフラワーコーディネーターが提案をしてくれるんですね。


結婚式に関わる沢山のアイテムの中で、最も結婚式場の雰囲気を左右する

と言っても過言ではないほど、装花は結婚式において重要なアイテムです。


限られた予算の中で、お二人がイメージする通りの結婚式を実現するために

フラワーアイテムで予算をなるべく抑えて

かつイメージになるべく近づける為の方法をご紹介いたします。



〇〇結婚式のテーブル装花は実は高額〇〇


結婚式のお打ち合わせの際に装花のお話をさせていただくと

大体の新郎新婦様がその金額に驚かれます。


そうなんです。

結婚式の装花はゲストテーブルで言えば、テーブルの数だけ必要になります。

ゲストの人数が増えれば、テーブル数が増えますので装花も増えます。

少しお花を足すだけで金額が一気に跳ね上がってしまいます。


また挙式会場、高砂、ゲストテーブル、ガーデン、ウェルカムスペースなど

要所要所で必要になってくるのも費用がかさむ理由です。


装花にお金がかかってしまって、他のところを泣く泣く削ることになってしまった

なんて事にならない為に、今回は

テーブル装花の節約術をご紹介いたします!




〇〇装花を高見えさせる節約術〇〇


それでは早速、会場装花のコストをなるべく抑えつつ

お二人のイメージに近くコーディネートする方法をご紹介していきます。


季節のお花を使う

お花好きの新婦様が、好きなお花が旬の時期に結婚式をされる事がよくあります。

旬な時期に挙げることで、お花が元気で綺麗なうえに

安価で手に入る為、お花のボリュームの多くなり

好きなお花を安く、大胆に使う事ができるんです。

季節ではないお花は実は通常の2倍~5倍もの金額がかかってしまいます。

季節感を出しながら費用を上手に抑えることができます。


お花の種類を指定しない

今お話ししたように、結婚式で使用するお花は季節の物を使用すると

綺麗なお花をボリューム良く飾り付けることができます。

でも、結婚式を挙げる時期に必ずしも好きなお花があるとは限りません。

ですので、お花の種類を指定するより、お花の色合いに拘りましょう。

その時期にある、お二人のイメージに合った色合いや大きさのお花を

フラワーコーディネーターさんにお任せでお願いすることで

予算内でイメージ通りの装飾に近づけることができます。


カスミソウを使用する

カスミソウは通年を通して手に入りやすいお花です。

どの季節に結婚式をしても季節を問わず、値段がお手頃なうえ

少しの量でもボリューム感を出すことができる最強アイテムです。

カスミソウは色のついた水を吸わせることで、白いお花に色を付けることができます。

お二人の好きな色に染めることができたり、レインボーにすることができたり

自由度が高く、お二人さしさを演出することができます。


存在感のあるお花を使う

(カサブランカ、ダリア、ユリなど)

存在感のあるお花は、少ない本数でもインパクトを出すことができます。

また会場の雰囲気を作りやすいのも特徴です。

ビビットカラーのお花を使用するのも良いですし

ユリなど、動きの大きいお花を使用するのも良いでしょう。

ダリアを取り入れた会場装花は「和」をテーマにした結婚式ピッタリです。

統一感が出しやすいお花ですので、会場が綺麗にまとまります。


グリーンを沢山使用する

葉っぱやツタなどのグリーン系はお花よりもコストがかかりません。

ですので、ボリュームアップをすることができます。

色味も様々で、淡い色から濃い色まで種類が豊富です。

イメージに合うグリーンを探すのも楽しいですね。

グリーンに白いお花を少し入れてコーディネートしたり

周りにキャンドルを散らすのもおすすめです。

アットホームなご結婚式や、温かみのあるご結婚式をイメージされている新郎新婦様は

緑×白のお花でコーディネートすると、雰囲気を作りやすくなります。

グリーンを沢山使用することで、ナチュラルな統一感のある雰囲気も生まれつつ

節約しながらボリューム感を出すことができます。

ナチュラルウェディングご希望の方にお勧めのコーディネートです。


花びらを散らす

花びらを散らすとテーブルが華やかになったり

デットスペースを埋めて豪華な印象にすることができます。

ゲストテーブル中央に飾る装花は少し控えめにしても

花びらを散らせば、全く気になりません。

また淡い色味の花びらは可愛い雰囲気を演出してくれますので

可愛らしい装飾がお好みの新婦様にはピッタリです。

プリンセスラインのウェディングドレスやカラードレスに合わせることで

会場の統一感を出すことができます。


花瓶で高級感を出す

お花を生けてコーディネートするだけでは

どうしても数が必要ですし、費用が掛かってしまいます。

花器を使えば、少量のお花でも高級感を出すことができ節約することができます。

縦長の円柱の花器に印象的なお花を一凛沈めて、水中花にしたり

丸いガラスの器は、少量のお花をコンパクトにまとめてとても可愛いです。

見た目が鮮やかで、写真を撮りたい気持ちになりますね。

高さを出してグリーンを程よく取り入れると高級感がアップします。

派手過ぎず、地味すぎず、品のある印象になります。


一輪挿しの花器をたくさん並べる

様々な形の一輪挿しの花器にたくさん並べて、小花を少しづつさします。

お花の色味も統一する必要はありません。

様々な色の小花を小さな花器にさして並べることで

ナチュラルな中に、優しさや温かみを感じる装飾になります。

春のパステルカラーで揃えて可愛く仕上げても良いですし

秋の植物をふんだんに使用して、落ち着きのあるスタイリッシュで

オシャレな雰囲気にしても良いです。

花器を個数使ってバランスよくコーディネートすれば

少量の植物でも全く見劣りしません。


お花以外のアイテムを置く

お二人の結婚式、お花で飾るのももちろん素敵ですし華やかになります。

でも各テーブルにゲスト様との思い出の写真を飾ったり

思い出のアイテムを置いて、一緒に装飾するのも良いです。

今までのお二人とも思い出を振り返る素敵な演出の一つになります。



〇〇上手に節約するためには事前のリサーチが大切!〇〇


結婚式場を飾る装花はとても高額な事が多いです。

ただ結婚式において装花は結婚式の雰囲気を左右するとても重要なアイテムです。

予算を節約して高見せする為には、事前のリサーチが大切です。

今結婚式の準備真っ只中の新郎新婦様も

これから結婚式を考える新郎新婦様も是非参考になさってください。




*********************************


メール has@effortless-w.jp


電話  053-543-5311


営業時間 10:00-20:00


火曜・水曜定休


※接客などで電話に出られない場合は、こちらからおかけなおしいたします。


**********************************


私は浜松で20年近く結婚式のお手伝いしてまいりました。


実情を知っている私だからこそ、お力になれる!そう思っています。お得な結婚式、結婚式の予算をおさえる方法、おふたりにぴったりのオリジナル結婚式など、皆様が安心して、笑顔で当日を迎えるためにどうするべきかを一緒に考えさせてください。


どんなささやかなお悩みでも結構です。上記相談窓口までお寄せください。


(浜松市・磐田市・袋井市・森町・掛川市・御前崎市・菊川市・島田市・藤枝市・吉田町・湖西市・豊橋市・豊川市・田原市・蒲郡市・岡崎市・西尾市・その他にお住いの方でも、ご相談を受け付けております)


《プロフィール》


飯嶋亜矢(いいじまあや)―ブライダルコンシェルジュ―


過去20年間でプロデュースした結婚式は1000組を超え、披露宴、家族挙式、小さな結婚式、神社での結婚式、会費制の結婚式、1.5次会などあらゆる結婚式をサポートした経験を持つ。目標は「結婚式実施率100%の街づくり」。地域の皆様や子供たちの笑顔のために、すべての人を幸せにする結婚式の実現を目指





Comments


スタッフブログ

STAFF BLOG

bottom of page