top of page
  • 執筆者の写真飯嶋 亜矢

【気軽に相談できる】どんなお困りごとに対しても、精一杯お力になります。~浜松・湖西・豊橋・磐田・袋井・掛川で叶える結婚式~

この度はEffortless Wedding(エフォートレスウェディング)のウェブサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。 結婚式をご検討中の新郎新婦様、親御様には心よりお祝い申し上げます。 私はブライダルコンシェルジュの飯嶋亜矢(いいじまあや)と申します。

早いもので、エフォートレスウェディングが誕生して、8か月が過ぎようとしております。

「結婚式をあきらめていたカップルやご夫婦の夢を応援したい」そう願ってスタートした私たちのもとに、今、多くのお困りごとを抱えた方がご相談にいらして下さっています。

■どんなお困りごとに対しても、精一杯お力になります。


【お子さまが多くて準備がままならない】

小さなお子さまを育てているご夫婦の場合、「式場探しに出かけるのも一苦労」。

オムツやミルクを準備してのお出かけは、非常にご苦労されることと思います。そこで、エフォートレスでは無料の出張相談を承っております。私飯嶋が、静岡県西部(湖西〜掛川)、愛知県東部(豊橋周辺)へご相談に参りますので、ぜひご利用くださいね。

ご了承いただける場合、ご自宅へのご訪問も承ります。

【親御様への感謝の気持ちを形にしたい】

入籍後、すぐにお子さまを授かり、「結婚式のタイミングを逃しました」というご夫婦はとても多くいらっしゃいます。

「女手一つで育ててくれた母のためにも、式を挙げたい」 「ずっと見守ってくれた両親に感謝を伝えたい」

このような思いを、お聞かせくださるたびに胸が熱くなります。

入籍後、どれだけ時間が経っているかは問題ではありません。これまでも、2年、3年、6年と、時間を経ての挙式をお手伝いして参りました。

おふたりのお気持ちに寄り添い、 親御様へ感謝が伝わる式や披露宴、 メッセージをお伝えする方法をご提案いたします。

【結婚式をしていない我が子のため、お親御様からのご相談】

実は、「息子夫婦が結婚式を挙げていない。ぜひ自分たちの未来のために式を挙げてほしい」とご相談くださる親御様が多いのです。

結婚式はお互いが誓うセレモニー。 披露宴は、親戚や近しい友人、同僚など、「自分たちの味方になってくれる人々」を増やす機会でもあります。

親御様は、「夫婦はふたりだけでは生きていけない。人生のサポーターを得るために、きちんと披露宴を開いてほしい」と願っていらっしゃいます。

エフォートレスウェディングは、このような願いをしっかり受け止め、 親御様と新郎新婦様の両方の思いを形にしていきます。

■【あきらめていた夢を叶えてほしい】毎月先着3組に結婚式をプレゼント!


一般社団法人が運営する結婚式場紹介所「Effortless Wedding(エフォートレスウェディング)」について、誕生までの秘話を以下にてご紹介しております。

同法人が運営する保育園についても、ぜひお読みください。

▼「夢からはじまる Effortless Wedding 式場紹介所」オープンのごあいさつはこちら https://effortless-w.jp/2019/07/01/open/

▼はままつ竹の子保育園のご紹介はこちらから https://effortless-w.jp/2019/07/01/takenokohoikuen/

現在、自己資金0円でウェディングが叶う結婚式プレゼントプロジェクトを行っております。毎月先着3組様に結婚式をプレゼント。

【ご応募はこちらから!】 ▼【自己負担0円で叶えるWedding】結婚式プレゼントプロジェクトはこちら https://effortless-w.jp/present.php

私たちの思いに寄り添ってくださる、多数のパートナー企業さまのお力添えをいただいております。

▼ご協力いただけるパートナー企業様の一覧はこちら https://effortless-w.jp/access.php#accesslist

少人数ウェディング、和婚、フォトウェディングなどのご相談も受付中です!

▼【家族婚、会費制ウェディングや1.5次会まで】各種ご相談会はこちら https://effortless-w.jp/event.php

《プロフィール》 飯嶋亜矢(いいじまあや) 「はままつ竹の子保育園」の母体「一般社団法人ホスピタリティ アカデミック ソサエティ」に所属するブライダルコンシェルジュ。過去18年間でプロデュースした結婚式は1000組を超え、披露宴、家族挙式、小さな結婚式、神社での結婚式、会費制の結婚式、1.5次会などあらゆる結婚式をサポートした経験を持つ。目標は「結婚式実施率100%の街づくり」。地域の皆様や子供たちの笑顔のために、すべての人を幸せにする結婚式の実現を目指す。

Comments


スタッフブログ

STAFF BLOG

bottom of page