top of page
  • 執筆者の写真飯嶋 亜矢

【先輩カップルインタビュー】「好き」を詰め込んだハワイムードのウェディング

この度はEffortless Wedding(エフォートレスウェディング)のウェブサイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。 結婚式をご検討中の新郎新婦様、親御様には心よりお祝い申し上げます。私はブライダルコンシェルジュの飯嶋亜矢(いいじまあや)と申します。

今回は先輩カップルのインタビューをご紹介します。

10月に挙式されたばかりのAさんご夫婦。共通のご趣味である「手筒花火」と、大好きなハワイをテーマにしたウェディングを行われました。

■【先輩カップルインタビュー】大好きなものを形に。ハワイ&手筒花火ウェディング


【お話をしてくださったご夫婦のご紹介】

Aさんご夫婦

地元の手筒花火連合会で知り合ったおふたりの、共通のご趣味は「花火」。さらに、ハワイが大好きで、ペアリング・婚約指輪・結婚指輪までハワイアンジュエリーで統一された夫妻の結婚式も、まさに「花火」と「ハワイ」がコラボレートする素敵なものとなりました。

【まず、共通のご趣味である「手筒花火」につい教えてください】

ご主人:地元の手筒花火連合会に所属しています。豊橋の祇園祭をはじめ、地域のお祭りで手筒花火を打ち上げるんです。

その組織の一部に、彼女が入会したのが出会ったきっかけですね。

奥様:ふたりの出会いが「手筒花火」ということで、結婚が決まった時、連合会から「一緒に手筒花火あげなよ」と言っていただいて。一緒に花火を上げる様子を撮影し、結婚式のウェルカムボードにも使ったんですよ。

【では、ここから結婚式について。どんな会場を選びましたか?】

ご主人:もともとハワイが大好きなんです。そこで、浜名湖を一望できて、ヤシの木が並び、プールも備えたリゾートムード満載の式場を選びました。挙式日は真っ青な空が広がる晴天で、本当にハワイのような雰囲気でしたよ!

奥様:当日、ゲストの方全員にレイを首からかけてもらって。さらに、湖を望むチャペルの十字架にまでレイをあしらいました。

ご主人:挙式後はプールでドロップアンドフライを。重り付きの風船をプールに投げ入れるんですが、紐は水に溶ける素材。時間差で風船が空に上がっていく様子が幻想的なんです。

奥様:そのあと、プールサイドで乾杯やウェルカムスピーチ、ケーキ入刀までやらせてもらえて、楽しかったです。

ご主人:そうそう、私たちの両親に、サプライズで「お手本バイト」というファーストバイトをお願いしたり。自分たちのファーストバイトでは、お互い大きなスプーンでケーキを食べさせあったり。もちろん僕は顔面でケーキを受けました!

奥様:とにかく、盛り上げること、楽しいことを最優先しました。

【披露宴の思い出や、こだわりを教えてください】

ご主人:ゲストの皆さんとアットホームに過ごしたくて、自分たちの席にはテーブルを設けず、ソファだけで過ごしました。 みんながどんどん近くに来てくれて、おしゃべりしたり写真を撮ったり。

奥様:演出は減らし、余興は1件だけ、友人スピーチは新婦側だけにして、とにかくあとは皆さんとお話しすることを大切にしました。

ご主人:あ、でもキャンドルサービスだけはこだわりました。僕たちで手筒花火の模型を作り、その上に小さな花火を刺して。そこに火をつける形でのキャンドルサービスも喜ばれました。

奥様:当日は朝から、縄を巻くのに忙しかったです(笑)。

【結婚式を終えて、ゲストの方からの感想は?】

おふたり:「ふたりらしい式だったね」「面白かったー!」と言ってもらえました。挙式から披露宴、夜の二次会まで、すべて同じ会場で過ごしました。

どの瞬間も楽しくて、本当にあっという間に終わってしまったんですよ。

二次会終了後、オプションを利用して湖上から花火を打ち上げてもらいました。それについても、ゲストの方から「感動した」と言ってもらえて、良かったです。

【Aさんご夫妻を担当した、プランナーからのコメントです】

Aさん、この度は、本当におめでとうございます。

「楽しく過ごす」ために、全力で取り組んでくださる姿勢が印象的で、とてもやりがいがありました。

ハワイのような雰囲気を出すため、流木を使ったり、小さいヤシの木をテーブルに置いたり。

披露宴会場の入場シーンでは、「BGMのこのポイントでドアを開けて」「このポイントで照明を!」など、本当に細部までこだわっていらっしゃって、お二人のお気持ちに感動するほどでした。

また、ご両親への記念品贈呈では、ギリギリのタイミングで通常のブーケではなく、ユニークなアイテム(お父様には猿のぬいぐるみ!)を贈ることに変更。「この方が楽しい」をとことん追究する姿に、ふたたび感動しました!

二次会終了後は、併設の宿泊施設で一晩ゆっくり過ごしていただき、私たちの会場をとことん楽しんでいただけて何よりです。

この度は、お話も聞かせてくださり、ありがとうございました!

■【毎月先着3組に贈るセレモニー】結婚式プレゼントプロジェクトへ応募

「浜松・湖西・磐田周辺で暮らすカップル、ご夫婦の皆さまに、結婚式をあきらめて欲しくない」

そんな思いで立ち上げたEffortless Wedding(エフォートレスウェディング)は、一般社団法人が運営する結婚式場紹介所です。

袋井・掛川のお客様からもお問い合わせをいただき、パパママ婚、少人数ウェディング、親族中心の披露宴などをご提案しております。

▼「夢からはじまる Effortless Wedding 式場紹介所」オープンのごあいさつはこちら https://effortless-w.jp/2019/07/01/open/

▼はままつ竹の子保育園のご紹介はこちらから https://effortless-w.jp/2019/07/01/takenokohoikuen/

「皆様の夢を応援したい」との思いから、結婚式をお贈りするプロジェクトを行っております。 毎月先着3組のカップルにプレゼントする内容は、以下からご確認ください。

【ご応募はこちらから!】 ▼【自己負担0円で叶えるWedding】結婚式プレゼントプロジェクトはこちら https://effortless-w.jp/present.php

このプロジェクトは、 Effortless Weddingの思いに共感してくださる、パートナー企業さまのお力添えのもとに行っています。

▼ご協力いただけるパートナー企業様の一覧はこちら https://effortless-w.jp/access.php#accesslist

ご相談のためにウェディングデスクへお越しいただくと、焼肉券5000円分をプレゼント。ぜひお問い合せくださいね。

《プロフィール》 飯嶋亜矢(いいじまあや) 「はままつ竹の子保育園」の母体「一般社団法人ホスピタリティ アカデミック ソサエティ」に所属するブライダルコンシェルジュ。過去18年間でプロデュースした結婚式は1000組を超え、披露宴、家族挙式、小さな結婚式、神社での結婚式、会費制の結婚式、1.5次会などあらゆる結婚式をサポートした経験を持つ。目標は「結婚式実施率100%の街づくり」。地域の皆様や子供たちの笑顔のために、すべての人を幸せにする結婚式の実現を目指す。

Comments


スタッフブログ

STAFF BLOG

bottom of page